自然農法による米作りを開始します。

IMG_4126

こんにちは。園長でございます。
大寒波が近づいているようで、まったくもって冷える日ですね。

このたび、つじ農園は財団法人自然農法研究センター様のご協力のもと、
本格的な有機肥料、無農薬栽培に取り組むこととなりました。

地域の自然環境や特性を生かした栽培方法を追求して
2017年秋には、「自然栽培たらふく(仮称)」をお届けできる予定です。

たらふくの生まれる「田井千年村(津市大里睦合町)」は、文献に残っているだけでも、1300年前から人々が生活を営んでいる地域です。
この村は年中穏やかな気候に恵まれており、また災害も少ないという地形的利点により
現段階においても農薬を最小限に抑えた栽培が可能な地域ではありますが、
私がこれまで学び、経験してきたことに加えて、科学的手法や最新の機材を用いることで
この土地の良さを生かした、田井村のおいしいお米をたらふく食べていただこうと思っています。

まだ計画段階で漠然とした内容ではありますが、これから作物とともに歩み、私自身も成長していこうと考えています。
取り組みに関する情報も少しづつ公開していきます。
みなさんどうぞお楽しみに。

いまでも十分おいしいんですけどね(笑)。

では!

園長拝

 

————-

千年続く村の農家よりお米の直販を行っております。
つじ農園「たらふく」をたらふく召し上がれ。
Rice for your hearts content, Tarafuku rice farm
www.tarafuku.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です