2017年たらふく収穫祭スガダイローライブレポート

今更ですが園長です。こんにちは。

10/13のたらふく収穫祭を楽しみにしていただいている皆様に向けて、なんと(笑)昨年の収穫祭で行われたスガダイローさんのライブレポートを写真と共にお届けします。スガダイローさんはバークリー音大卒のジャズピアニスト。今年の収穫祭にも来ていただきます。(スガダイローさんのプロフィールはwikiで

素晴らしい写真は東京で音楽会を中心に活躍する写真家山口敦さんによるもの。

2017年10月29日、会場は辻家本宅を用いて行われました。昔は行事があると数十人のお客さんがきてにぎやかだったのを思い出し、法事スタイルでコンサートをやったらいいのでは!という安易な思い付きがこのイベントのきっかけです。だから客席は座布団。

ステージセッティングも入念に行われます。アップライトピアノを運び込み、照明、看板や米袋をセットしてお客さんを迎えます。

刀根菓子館特製のみたらし団子(これはプロの味。大好評でした)に、ぽんちゃん画伯のメッセージも張り付けて準備万端。

園長よりごあいさつの後、まずは恒例のノイズ中村氏による前口上。会場全体にどうしていいかわからない(笑)雰囲気が広がります。

前口上が終わると突如として始まるスガダイロー氏の演奏。前半はsoloピアノ。

およそ40分間ノンストップで展開された演奏に聴衆は圧倒され静まり返っていました。畳の部屋に据え付けられたアップライトピアノがクワングワンと揺れ動きます。大きく力強いタッチから超繊細で精密なピアニッシモまで自由自在の演奏でした。ピアノのフロントカバーは外してあり、弦が震える様子もわかります。時間はあっという間に過ぎ去りました。

休憩後はリトルブルーの編成(ピアノ、ドラムス、サックス)で演奏開始。山下洋輔グループがお好きな方には馴染み深いフォーマットですね。演奏はフリースタイルですがよりキャッチ―なもの。キアズマ、アラバマソングなど聞き覚えのあるメロディーも聞こえてきます。

子どもたちも大勢いたのですが、興奮して立ち上がり踊りだします。はじめははらはらしていたお母さま方も子供たちの自由な反応を楽しんでいたようです。

後半戦もあっという間に盛り上がり、アンコールはみんなで!おっとこれは内緒にしておきましょう。

というわけで一年前のライブレポート。これを大きく上回る予定の2018年たらふく収穫祭をお楽しみに!日常を台風のように吹き飛ばしましょう。ご参加お待ちしております!

 

詳細とご予約:

定員200人  チケット3500円、小学生以下無料

ご予約方法:お電話 059-202-2205 メール info@tarafuku.org

オンライン予約:(Peatix) https://tarafuku2018tsu.peatix.com/ 

(BASE)https://tarafuku.thebase.in/items/12576819

ご予約はこちら⇒

定員200人  チケット3500円、小学生以下無料

ご予約方法:お電話 059-202-2205 メール info@tarafuku.org

オンライン予約:(Peatix) https://tarafuku2018tsu.peatix.com/ 

(BASE)https://tarafuku.thebase.in/items/12576819

 

お待ちしております~。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA